武蔵屋酒店(大井町)
肉のまえかわは缶ビールのみなので、その前に瓶ビールで景気づけとしゃれこみ、同じすずらん通りにある、武蔵屋酒店に行きました。
d0023984_0185244.jpg
ここは一見すると昔ながらの町の酒屋さんなんですが、向かって右側に「立ち飲みコーナー」と称して、袋小路のような作りのカウンターがあり、そこで飲むことが出来るようになっています。ビール、酒など、酒屋さんなので、ほぼ原価で飲むことが出来ます。

d0023984_0231823.jpg
おつまみは柿の種など乾きものが中心ですが、塩味の利いたきゅうり漬けも1本まるごと出てきます。いずれも値段は100円前後です。夕方になると、店内で飲むお客さんもいるようです。
きゅうりをかじりながらコップでビールを飲んでいると、店の親父さんはレジで船をこぎ始めました。
立ち飲みコーナーの壁には、今は亡き「タカラビール」の鏡が取り付けてありました。

d0023984_0193631.jpg

その後、肉のまえかわへ。時間が午後2時頃だったため、まだお客さんはまばらでした。
久々に生レバーを注文。にんにく醤油でいただきます。時節柄かカウンターの中の親父さんが、「はやく食べてね」と言ってくれました。大井町は品川の食肉市場が近いせいか、肉の鮮度が良いのでしょう。この生レバーも、ときどき注文する生のササミも含めて(こちらも美味)、私は一度も当たったことがありません。
立ち飲みのほろ酔い加減だったためか、大井町の改札口に入るまで、地震があったことに全く気づきませんでした。飲んでる時の危機管理を考えねば・・・。
武蔵屋酒店建て替えの記事へ
[PR]
by tvk_jogoro | 2005-07-23 23:47 | 立ち飲み・大衆酒場
<< 地震とラジオ ラジオライフ8月号 >>